【2023年現在】能年玲奈(のん)が干されたのに年収1億越え!!収入アップの理由。

『あまちゃん』が国民的な大ヒットとなり、その後の活躍は約束されていた能年玲奈改め、のん。2015年4月以降は開店休業状態。

2014年4月以降、姿を見なくなりましたが、年収は1億といいます。その理由、干された理由に迫ります。

現在の年収は1億円の理由

(画像出典)bibi-navi

のんは今、さまざまなCMに出ているから、です。

所属事務所から独立してからは、テレビ業界から“干された”形となったわけですが、その知名度をいかして、岩手銀行や神戸新聞などローカルなCMをゲットしていったようです。

株式会社nonを設立し、1本あたりのギャラを200万から高くても1000万円程度に抑えることで、ロート製薬やユニクロ、グーグル、ゴディバ、ラクスル、警視庁など名立たる企業や官庁から依頼が殺到しているといいます。

のんさんは、そうした小さな仕事をコツコツ積み重ねていくことで、次の仕事につなげていて、今や年収は1億円を超えていると言われています。

以前事務所に所属していた頃より、稼いでいるのです!すごいですね!

2021年からのん出演のCM

OUI OU、エネチェンジ、毎日放送、ホワイトエッセンス、スターキャット、LA PITA、Track、岩手銀行、東京テアトル、小泉成器、JA全農いわて、ヴァンサンカン、ベスビー、ダンボールワン、ドットエスティ、ラクスル、ゴディバ、警視庁など。

 

アジアでも人気

(画像出典)yahoo!画像検索

のんさんは、中国ではユニクロのCMが流れていたことから知られた存在であり、また台湾やタイでは『あまちゃん』が放送されていて、認知度は高かったようです。

不遇な時代もアジアという活路を見つけ、腐ることなく活動していたのです。

中国で特に人気のようで、中国語も勉強され、公式Webサイトも開設しているようです。

中国版ツイッターWeiboでは、のんさんのフォロワー数は4万人を超えているそうです。

2018年9月からは、ロート製薬「肌ラボ(肌研)の中国全土キャンペーンに出演。

中国・香港・台湾・マカオと中華圏で、テレビCMが放映されたり、全面広告のバスが走っていたようです。

市場の大きい中国でブレイクしたのは大きいですね。

(画像出典)yahoo!画像検索

 

今後は女優として復活も

のんさんは、もともとは朝ドラで主演を張った女優ですから演技はお墨付きで、華もあります。

なかなか大声では言える雰囲気ではなかったものの、業界関係者ものんさんに注目していたようで、今後は再び女優として脚光を浴びることができるかもしれないといいます。

楽しみですね!

 

のんが成功した理由

(画像出典)BuzzFeednews

のんさんが事務所設立し、個人で仕事を得ることが出来たのは、株式会社スピーディとの出会いがあったからです。

株式会社スピーディは、企業のブランディングを扱うコンサルト会社です。

のんさんは、株式会社スピーディと契約することで、見事に成功を収めているのです。

株式会社スピーディの福田淳代表は、芸能界の古い体質を変えようと理不尽に干された芸能人をサポートしているようですね。

芸能界を干された理由

(画像出典)MAG2NEWS

能年玲奈さんは当時レプロエンターテイメントという事務所に所属していましたが、事務所に無断で個人事務所を設立しました。

理由は、当時の事務所の売り出し方と能年玲奈さんの希望が合わなかったことが原因とされています。

のんさんがNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』でヒロインを務めていた時期は、月給がたった5万円で下着も買えないほど困窮した状態だったことや、本間憲社長との関係悪化によって、仕事が入れてもらえなくなっていたといいます。

その裏では、通称「生ゴミ先生」と呼んで心酔する演出家で演技指導や振り付けを担当していた滝沢充子さんに洗脳されていて、滝沢充子さんが糸を引いていて、所属事務所「レプロ」からの独立を画策してたのではないかと言われています。

 

改名した理由

(画像出典)のんオフィシャルウェブサイト

独立後、能年玲奈さんは「のん」という名前に改名しました。

理由は、能年玲奈という名前をレプロ事務所が商標登録したためです。

商標登録されていると、名前の使用には許可が必要になり、実質使用不可能になってしまいました。

現在の「のん」

(画像出典)smartFLASH

のんさんは、新居である都心部の豪華タワーマンションで暮らしているようです。

そのマンションは、70平米で時価1億円超、賃貸なら家賃は月40万円以上だと言われています。

そして、なんと事務所独立騒動を起こした際に注目された演出家の滝沢充子さんと同居していると言います。

演技指導をするなかで、「あなたは女優にならなきゃ生ゴミね!」と、のんさんに厳しく駄目出しをしたことから、“生ゴミ先生” の異名を取る人。

洗脳が噂されたその女性をくらしていることには、少し不安が残ります。

2019年5月には、日本の芸能情報を扱う中国の番組『和飯情報局』の単独インタビューに応じているし、中国版ツイッター『ウェイボー』でのフォロワーも数万人。

中国語も勉強して、本当にやりたい女優業でも、中国を視野に入れているのではないでしょうか。

 

監督、脚本にも挑戦

のんさんは、独立して色々なことにチャレンジしているようで、自身が脚本、監督、主演をつとめた映画が公開されました。

今度の活躍が楽しみです。

世間の声

のんさんの演技が好きな人が多いです。今後の活躍を期待している声がたくさん聞かれました。

(画像出典)Twitter

(画像出典)Twitter

のんさんの洗脳を心配する声もありました。

(画像出典)Twitter

 

まとめ

朝ドラの『あまちゃん』で一躍有名になった能年玲奈さんが全くTVにでなくなり、心配していましたが、大女優並みの収入だったんですね。

これからは地道な努力が実り、俳優としても復活しそうです。

これからの活躍を期待したいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.